VCOマイルドソープで、アンチエイジング効果の出る正しい洗顔の仕方

========PR広告========


肌への追求を・・・


肌の天敵は、老化・乾燥肌・脂性肌だけではありません。

 

鏡の前で、ふと気がついて、ショックを受けたことがありませんか?

 

そう「鼻の毛穴」です。

 

それについても、美容マニアこと「原ちゃん」は、余すこと無くお伝えします!

 

ご参考にして下さいね。

鼻の毛穴ケア

朝晩十分に洗顔しているのに、気づかない内に鼻がザラつき、
黒ずんでしまう毛穴

 

鏡を見た時、鼻は目につきやすい位置にあるため、鼻に浮かぶ
白い角栓や黒ずみを、気にされている女性は多いと思います。

 

 

30代くらいまでは、皮脂分泌も多いため、白い角栓にも
悩まされてきたかもしれません。

 

40代になっても少なくなったとは言え、鼻には時々出現してしまいます。

 

あの、白いニョロニョロは憎いですよね!

 

 

でも、絶対に潰しちゃダメですからね!!

 

爪やピンセットで、無理矢理取ろうとすれば、肌に傷をつけ、
毛穴を目立たせる上に、顔の印象まで、くすませてしまいます。

 

健康なお肌を守るための、正しいケアを身につけましょう。

角栓の正体とは?

角栓を取り除くためには、まずは角栓の正体を知っておきましょう。

 

角栓とは、古くなった角質と酸化した皮脂が混ざり合ってできるものです。

 

70%がたんぱく質、30%が皮脂でできています

 

 

皮脂の分泌が過剰になると、皮脂が毛穴に溜まってしまいます。

 

年齢と共に、肌の再生周期であるターンオーバーが遅れると、
古い角質や皮脂が、体外に排出されにくくなり、皮脂と古い
角質が毛穴に詰まってしまうのです。

 

毛穴の中の角質は若いうちは、古くなるとはがれ落ち、
皮脂によって外に排出されます。

 

しかし、ターンオーバーのサイクルが遅くなる40代になると、
角質がはがれずに、肌の表面にたまり、皮膚が厚くなって、
出口である毛穴が狭くなるため、皮脂と角質が排出されずらくなるのです。

 

結果として、毛穴の中に溜まった皮脂と角質がくっついて、固くなり、
角栓が形成されてしまいます。

 

角栓は放っておいても、大丈夫なの?

 

角栓が目立つ状態の時は、気になって仕方ないかもしれませんが、
無理やり取り除くことは、毛穴を余計に目立たせる原因になってしまいます。

 

でも、溜まった角栓をそのまま放置していると、徐々に酸化して変色し
黒ずんでいきます。

 

過酸化脂質となった角栓は、皮膚を刺激して活性酸素を発生させ、
毛穴周辺の皮膚まで老化させ、シミのように黒ずませたり、たるませたり
毛穴を広げる原因にもなります。

 

それだけでなく、角栓の周囲には細菌が発生しやすいため、炎症を起こし、
ニキビなどの原因になることもあります。

 

健康できれいな肌を保つためには、なるべくきちんと角栓をケアし、
改善することが大切なのです。

 

毛穴に詰まった角栓が目立って気になるからといって、無理に
押し出したりすると、肌を痛める原因になります。

 

毛穴ケアを始める前に、まずはしっかりと洗顔の基本をマスターしておきましょう。

 

≫≫≫「洗顔の基本」を見てみる

 

≫≫≫間違った毛穴のケアしていませんか?

≫≫TOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加



 

メーカー広告

【新商品】貧血・立ちくらみ撃退!鉄分補給サプリメント『美めぐり習慣』