VCOマイルドソープで、アンチエイジング効果の出る正しい洗顔の仕方

========PR広告========


肌への追求を・・・


「洗顔フォーム」の特徴と、
肌には良いとは言えない理由
〜その他〜

「洗顔フォームと界面活性剤」でも記述しましたが
引き続き、界面活性剤の注意点のお話と、
その他にもまだ、肌には敵が潜んでます。

 

 

「洗顔フォーム」の罠

 

『そんなの嘘でしょ!私、洗顔フォーム愛用しているけど、 洗ったあとは
しっとりスベスベよ・・・

 

そう(ーー;)そうですか!!確かにそう感じて当然です。

 

「洗顔フォーム」の罠というべきモノが、「そう感じちゃう」ことなのです!!

 

合成界面活性剤によって、まるごと取りさらわれたはずの潤いですが
「しっとりスベスベ」と感じるのは、どうしてなのでしょう?

 

友人の話を聞くと 「”石けん”の方が、つっぱった感じがするよ。
”フォーム”の方がしっとりするよ。」と、いう声も多く聞きます。

 

肌がボロボロになっているはずなのに・・・
肌がカサカサしているのが、見た目にも分かって当然と思いますよね?

 

でも「しっとり・スベスベ」という、理解不能な言葉が飛び交っています。

 

 

合成界面活性剤によって剥がされた肌に、 「偽物の保湿成分」が
人工的に突っ込まれてしまうからです。 

 

洗顔”フォーム”を使うと、 肌を守る役割の「角質層」が傷だらけに
なってしまいます。

 

その傷だらけの角質層の「細胞」と「細胞」のあいだを、
偽物の保湿成分で補うことになります。

 

 

肌は外部からの刺激に弱くなり、制限なく水分が蒸発していくのです。

 

女性なら弱いこの文句「しっとりタイプ」・・・騙されちゃダメですよ!!

 

「しっとりタイプ」と、書かれているような洗顔フォームは、
(成分表に書かれていなくても)合成界面活性剤を使ってできた
隙間を埋めるように、保湿成分を送り込み、本当は肌が
ボロボロで乾燥していてもおかしくないのに、あたかも『お肌しっとり』
状態を演出しています。

 

 

ねっ・・・これ、お肌が騙されているでしょっっ!

 

 

そして、 いつの間にか肌がヒリヒリするようになっていた・・・
なんてことにも。

 

これって、自然と敏感肌という弱い肌をつくっているのです。

 

無駄な保湿成分で、自分の肌を騙しているのです。

 

 

肌が出しているSOSサインを受け取ることもできず、老化にまっしぐら・・・
肌にとっては余計なお世話・・・迷惑な話ですよね・・・

 

 

しっとりタイプでも、潤い100%〜でも、敏感肌用〜でも、 売り手側の
行っていることは、アテにしないでください。

 

「本物の肌に優しい洗顔料」という意味ではないですから。

 

「弱酸性」で売れ筋のアレ!肌にいいの?

 

お風呂の定番ですね。

 

どの商品かはさて置き、赤ちゃんにも使える、優しい洗浄剤ってのが
ウリですからね・・・。
洗顔フォームも、同じく良い感じがしちゃいますね。

 

 

洗顔フォームは、「弱酸性」や「中性」のものが主流です。
実際はアルカリ性の方が弱酸性より、肌の活性になるので良いのです。

 

 

洗顔石鹸が、弱アルカリ性です。

 

 

洗顔フォームは、界面活性剤配合により洗浄力が超強力なので、
弱酸性とは言っても、肌への刺激が弱まるわけではありません。

 

 

弱酸性という言葉は、肌に良いという感じを与える「魔法の言葉」です。

 

弱酸性と並んで、天然由来、植物由来というような 、「由来」商品にも
要注意です。

 

 

ホント、言葉のマジックですね・・・

 

実に私も、こういった言葉に弱くて振り回されてきました(^^;

 

「天然由来」「自然派」のコスメは、肌にいいの?

 

肌に優しいイメージで、自然派と並んで化粧品にはよく見かける
「天然由来」とか「植物由来」と、書かれている洗顔料もありますね。

 

これは植物や動物から抽出した成分を配合しているという意味です。

 

「天然由来」「植物由来」の成分を配合していると聞くと、肌に優しいことを
イメージしまいがちですが、抽出の方法や製法によって成分は変わります。

 

天然由来だから、絶対に肌への刺激がないとか、安心と思い込まない方が
良いです。

 

 

そこで大事なのが、メーカーのこだわりや理念というものです。

 

 

どのメーカーも、お肌への刺激になりにくいような商品
を目指していることには間違いないです。

 

 

その洗顔料が誕生した「ストーリー」を読んでみるのはオススメです。

 

 

私も病院名は忘れましたが、20歳のころ吹き出物が多くて、
飯田橋にある、とある皮膚科外来に通うほど、肌トラブルに
悩まされ洗顔指導を受けていました。

 

その頃は、今ではニキビ肌の人のあいだでは有名な「プロアクティブ」も
なかったような・・・

 

あったら、絶対に飛びついていたと思います。

 ★プロアクティブベーシック基本セット! 

 

当時から、皮膚科では洗顔は「石鹸」を推奨していましたね。

 

もう30年近く前のことですが、薦められた石鹸は、今でも忘れませんし、
今でも皮膚科に行くとサンプルを配っているほどの商品です。

 

それがこれ↓

コラージュD乾性肌用石鹸  

 

【番外】Collage(コラージュ)の使い心地〜感想

 

成分的には、ニキビ肌には良いと思うのですが、すぐに慣れますが、
匂いが少しきつく感じます。

 

昔ながらの石鹸という感じです。

 

使い始めは、女性の手には少し大きめで、尖った角なので、
手のひらで転がすには、ちょっとゴツゴツしていて泡たてが、
やりにくいです。

 

色は、べっこう色?黄金色?みたい透き通った色です。

 

洗い上がりはかなり、さっぱりです。

 

本当に洗った直後はさっぱり感が強いので、つっぱり感を感じる
かもしれません。

 

難点と言えば、お風呂に置いておくと柔らかくなって瞬く間に
溶けてしまうところですかね〜

 

ちょっと、不思議なことは、石鹸を乾燥させておいても、
Collage石鹸の表面には水滴のようなものが現れます。

 

最近ではシリーズで売っていますので、ニキビ肌でお悩みなら、
使ってみると良いですよ!

 

ニキビ肌には、昔っからの鉄板の洗顔石鹸です。

 

ちなみに、私はシャンプーも良いと思っています。
(商品にもよりますが・・・)
洗髪のシャンプーが顔に触れると、せっかく良い洗顔石鹸を使っていても
意味なくなりますからね!

 

成分を出来る限り知ってから、選ぶ

 

洗顔フォームが全て悪い!
と、いうわけでもありません。

 

10人いれば、10通りの肌の性質が皆さん異なることも事実です。

 

ただ、一つ言えるのは、残念はことに、
年齢を重ねる毎に、肌は弱くなっていくことは確かなことです。

 

年齢と供に、代謝が落ちてきたり、疲れが取れなかったり、睡眠が
十分とれなかったりと、生活環境なども、影響することも確かです。

 

色々な洗顔石けんを実際使ってみて、品定めをすることも大切なのですが、
女性にとって、命ともいえる「顔」のことです。

 

 

もし、時間に余裕があるのならば、店員さんや専門医と相談しながら、
品定めすることも「美肌」を守る確実な手段と考えます。

 

 

そんな時間のない方には、是が非にでも、VCOマイルドソープを
試して見てください。

 

≫≫≫「洗顔石けん」の特徴と、肌に優しい理由を読む

 

≫≫≫すぐにVCOマイルドソープの特長を見てみる

 

 

 

≫≫TOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加



 

メーカー広告

【新商品】貧血・立ちくらみ撃退!鉄分補給サプリメント『美めぐり習慣』