VCOマイルドソープで、アンチエイジング効果の出る正しい洗顔の仕方

========PR広告========


肌への追求を・・・


洗顔石鹸』の正しい選び方

肌質別という石けんがないのが、洗顔石鹸の特徴でもあります。

 

洗顔フォームは肌質別 に「さっぱりタイプ」や「しっとりタイプ」などと
いうのがありますが、しっとりタイプだろうが、さっぱりタイプだろうが、
超強力な洗浄成分である「合成界面活性剤」が、洗浄成分で
あることに変わりないわけで、それが、肌にとって悪環境を作っている
というのは、もうご理解しましたよね?

 

洗顔石鹸の場合は、肌質別に変える必要はありません。

 

しっかりと泡立てて、使用することがポイントです。

 

あわ立てたその泡が、汚れを落としてくれます。

 

顔の表面に手が触れない位のたっぷりの泡を作って、その泡で顔全体を
包み込むように、優しく・・・、

 

 

天然成分やオーガニックなどの中から、自分の肌にあった成分を
見つけていきましょう。

 

 

乾燥肌の場合は、石けんの使用頻度を少なくすると良いです。

 

現在、洗顔”フォーム”を愛用している方は、 洗顔”石けん”に、
トライしてみてくださいね!

 

 

肌に悪い要素の多い「洗顔フォーム」ではなく、「洗顔石けん」で、美肌を
本格的に育ててみませんか?

 

現在の私の一番オススメ洗顔石鹸は↓↓

 

【コスパ】【成分】共に私のお薦めは「COCOLARME」です!

 

VCOmildsoap

 

石けん・フォーム以外の洗顔料

 

<ジェルタイプ>

 

「ジェルタイプ」は、水分の配合が多いので泡立ちやすく、洗いあがりも
さっぱりしています。

 

洗浄力が強力なため、顔に張り付いたジェルが完全に落ちきらないことが
多いです。

 

 

保湿効果と勘違いしやすいのですが、洗顔後のヌルヌル感は、決して
保湿効果ではないのですすぎをしっかりしてください。

 

<泡タイプ>

 

泡タイプの洗顔料は、ポンプ式で、泡の状態で出てくるため、使いやすく、
お肌への負担が少ないというメリットがあります。

 

便利なので、成分を見て検討しましょう。

 

便利な分、プッシュした回数とお値段をよくよく考えると、ちょっとコスト
パフォーマンスは、石鹸に軍配が上がりそうですが・・・

 

 

その他、パウダータイプやピーリングタイプなどもあります。

 

今の時代、豊富な選択肢の中から選べるので、試供品の取り寄せなどで
試してみて、毎日使うモノ・・・自分のお肌に合ったものを見つけてみて下さい。

 

 

≫≫TOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加



 

メーカー広告

【新商品】貧血・立ちくらみ撃退!鉄分補給サプリメント『美めぐり習慣』