VCOマイルドソープで、アンチエイジング効果の出る正しい洗顔の仕方

========PR広告========


肌への追求を・・・


洗顔フォームと洗顔石鹸の違いは何?

自分の肌と条件の合う洗顔料をチョイスすることが、大事です。

 

『自分の肌と条件の合う洗顔料』のチョイス方法をマスターすることで、
美容効果がグ〜ンと上がります。

 

洗顔料には
  「フォームタイプ」
  「ジェルタイプ」
  「泡タイプ」
  「固形タイプ」

 

と、大まかに4種類に分類できます。

 

様々な種類がありますが、石けんフォームの2種類が主だと考えてください。

 

この2種類の違いについて、お話していきます。

 

 

「石けん」と「フォーム」の違いは?

 

洗顔フォームと洗顔石けんの違いは、どのような違いがあるのでしょう?

 

大きな違いは、配合されている成分です。

 

「見た目の形」が違うから、呼び名が違う・・・と
思われてもしょうがないのですが、 「形」ではないんですよね〜。

 

見た目が「固形」の形じゃないのに「石けん」って、表記されている商品もあります。

silkpurewhip

 

なんか複雑な感じがしますが、そういうものもあるって
覚えておいてくださいね。

 

洗顔”フォーム”の、大道の形は
これですね。

 

 

こちらの商品は、

  ヴァントルテ・シルクピュアホイップ

 

 

洗顔フォーム は、中学生くらいから泡で洗顔をするようになって
最初に使うようになる人が多いですね。

 

大人になって、いろいろ選ぶようになって、昔は石けんと言えば
「体を洗うもの」だったのが、最近はその成分が見直されたこともあり、
化粧品メーカーでも主流になっているのが

 

 

VCOmdsoap

【化粧”石けん”】

→今回のVCOマイルドソープ

 

 

 

洗顔石けん これはどう見ても
馴染みのある「石けん」ですね。

 

 

しかし、「固形でも”洗顔フォーム”の成分が含まれている商品」も
たまにあります。

 

 

「固形でも”石けんじゃない”場合」があります。というわけです。

 

 

 

ちょっと複雑に感じるかもしれませんが
最近では「練り石鹸」や「生石けん」「泡洗顔料」なんて呼ぶものが、出てきています。

 

 

↓のような感じで

placentafine

※こちらは、プラセンタファインモイストフェイスソープです。

 

 

「固形」でじゃなくても
”石けん”だというモノです。

 

洗顔石けん=固形だけじゃない!と
いうことも、覚えておいてください。

 

 

私も、以前長く愛用しました。

 

 

 

大きく分けて、私が使った経験のある種類に分けて説明しましたが、
もしかしたら、今は他にも開発が進んでいるかもしれませんが

 

その中でも、現在の私の肌に合ってリピート購入しているのが固形の
【化粧石鹸】と呼ばれるものです。

 

それが、今回紹介させていただいている、VCOマイルドソープ「COCOLARME」です。

 

≫≫≫お薦めです!!VCOマイルドソープを詳しく見てみる

 

 

洗顔フォームでも気を付けてほしいこと
「洗顔フォーム」が悪いというわけではありませんが、肌には良いとは言えない
特徴があるので、ぜひ気を付けてください。

 

それは、「海面活性・・・

 

≫≫≫続きを読む
「洗顔フォーム」の特徴と、肌には良いとは言えない理由
〜界面活性剤〜

 

≫≫TOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加



 

メーカー広告

【新商品】貧血・立ちくらみ撃退!鉄分補給サプリメント『美めぐり習慣』