VCOマイルドソープで、アンチエイジング効果の出る正しい洗顔の仕方

========PR広告========


肌への追求を・・・


VCOマイルドソープ「COCOLARME」で、
うるおいを手に入れよう!

私がそうだった、「乾燥肌」。

 

だけど、現状の自分の肌に、乾燥ではなく、うるおいを
感じられるのも自分です。

 

「なんか肌の調子が良くなってきた」って、心弾ませて感じたいと
思いませんか?

 

潤いを感じたとき、鏡の前のあなたは、素敵な笑顔になっているはず。

 

基本は「洗顔」と、何度もご説明してきましたが
このページでは、クレンジングと洗顔の、いわゆる「W(ダブル)洗顔」で、
カサカサの乾燥肌を気にしない、潤いある肌を手に入れましょう!

 

 

乾燥肌の予防〜クレンジング〜

 

大半の方は生まれつき乾燥肌なのではなく、自分自身の思い込みの間違った
スキンケアで角質層を傷め、徐々に乾燥肌になっていくケースが多いです。

 

スキンケアステップの中で、最も乾燥肌の原因となっている、
クレンジングについて考えていきましょう。

 

 

油分を洗い落とすクレンジングは、角質層2つのダメージを与えるので、
スキンケアの中でも、最も注意が必要なステップです。

 

 

(1)摩擦によるダメージ

 手でゴシゴシこすり洗いをすると、水分を保持つ役割を果たす角質層を
 傷つけ、はがしてしまいます。

 

 特に気をつけたいのが、お風呂でのクレンジングです。

 

 角質層が、お湯でふやけてはがれやすくなっているため、ゴシゴシと
 手でこするのは厳禁です。

 

 

(2)クレンジングの洗浄成分によるダメージ

 「クレンジング剤」といえば、洗い流せるタイプと、拭き取りタイプが
 主流ですね。

 

 オイルクレンジングには、メイクを浮かせるオイルが水に溶けるように
 するため、 多くの界面活性剤が使われています。

 

 界面活性剤は、メイクや汚れだけではなく、お肌に必要な、セラミドなども
 洗い 流してしまいます。

 

 ゴシゴシこすってしまう拭き取りタイプよりは、マシですが、
 オイルクレンジングにおいては、 極力お肌に乗せるだけの感覚で
 手早く洗い流すことが、ダメージを抑える秘訣となります。

 

 

 ダメージを最小限に抑えるには、クレンジング剤の種類を、
 使い分ける方法のが理想です。

 

 

 肌に比較的に刺激が少ないジェルタイプや、乳液タイプがおすすめです。

 

 その場合でも、
 「しっかりメイクは落としつつ、ダメージを最小限に抑える」工夫が
 必要です。
 こすらないで落とすように。

 

 「こすらないでメイクを落とすこと」が、とても重要です。

 

 ジェルを乗せて、手で抑えるような感じで浮かせてメイクを落としましょう。

 

 どうしてもメイクが濃い部分は、ポイントメイク専用のクレンジングを
 使うようにして、 お顔全体をパーツごとに、クレンジング剤を分けて
 考えるとよいでしょう。

 

 

 

乾燥肌の最大の原因は「こすりすぎ」と「洗いすぎ」ですが
丁寧に優しくクレンジングすることと、適切な洗顔料を選びと、
使い分けで、メイクを楽しみながらも、乾燥肌を予防することが
可能になります。

 

 

 

乾燥肌の予防〜洗顔〜

 

クレンジングの次に、乾燥肌にはリスクの高いスキンケアは洗顔です。

 

洗顔が乾燥肌に与える影響は?と言えば、
クレンジングよりリスクは低いですが、洗顔の過程においても、
多少なりと、お肌を守るバリアの働きをする、皮脂膜や角質層の
セラミドなどが洗い流されてしまいます。

 

 

乾燥がひどい場合、洗顔は基本的に夜のみにして、
朝はぬるま湯だけの洗顔が、望ましいと言えます。

 

肌は、寝ている間が最も修復が進むと言われています。

 

朝に洗顔料を使ってしっかり洗顔をしてしまうと、せっかく回復したのに、
お肌に必要な保湿成分や皮脂を洗い流されてしまい、無防備なお肌で
日中を過ごすことになり、より乾燥が進んでしまいます。

 

 

夜だけ洗顔を行う方法のメリットは、お肌の水分保持力が高まった状態を、
キープできることですが、皮脂が比較的多い場合は、「酸化した皮脂を
取り除けない」というデメリットもあります。

 

 

乾燥がそれほど気にならない時期は、朝は洗浄力が弱い洗顔剤を使い、
Tゾーンなど皮脂が多い部分のみ軽く洗顔をすると、
水分保持力の低下を抑えながら、酸化した皮脂を落とすことができます。

 

 

優しく、こすらないこと。
角質層にダメージを与える「摩擦」は乾燥肌の最大の原因です。

 

 

お肌の摩擦が起きやすい洗顔では、刺激の少ない石鹸を使い、よく泡立て、
手がお肌に触れないように、洗うように注意が必要です。

 

Tゾーンから洗い始め、乾燥しがちな頬や、目元は最後に泡を乗せる程度に
します。

 

乾燥が気になる場合は、現在の洗顔料を変えるとか、乾燥肌の大敵である
「こすりすぎ」「洗いすぎ」などが、ないか?

 

改めて、自分の現在の洗顔の方法を見直す時期かもしれません。

 

≫≫≫必見!洗顔とクレンジングのお得なW洗顔セット

 

≫≫TOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加



 

メーカー広告

【新商品】貧血・立ちくらみ撃退!鉄分補給サプリメント『美めぐり習慣』